• 096-201-3635
Joomlaの場合メニュー設定から公開するまでの一連の流れについて

Joomlaの場合メニュー設定から公開するまでの一連の流れについて

Joomlaのメニュー構造は非常に柔軟に設定できるよう作られています。その為に、メニューは以下の手順で作る必要があります。

  1. メニューの設定
  2. サイトに表示させるためのメニューモジュールの作成
  3. それを実際のサイトに反映させる為の設定

これら手順を経てメニューを設置することで汎用性の高いメニュー構造を実現できます。それでは実際メニューを作ってそれを表示させるまでやってみましょう。

1新規のメニューを作成

タイトルは日本語で記入します。

メニュータイプは内部的なIDに相当しますので英数字でユニークなものにします。

menu002

 上記のまま保存することでメニューの設置は出来ましたが、実際の項目やサイト上に表示することはできません。

menu003

2、メニュー項目の設定

メニュー項目を作りますがここでは、プライバシーポリシーという単ページを表示するメニューを作ってみましょう。メニューアイテムの追加を行います。

 menu004

メニューアイテムの種類は「記事」の中の「単一記事」です

menu005

 種類が決まったら実際の記事を登録しましょう。ここでは事前に作ってあった「プライバシーポリシー」の記事を設定します。

menu006

これで、プライバシープリシーのページにリンクしたメニュー設定が出来ました。

menu007

 3、メニューモジュールの作成とテンプレートへの埋め込み

メニュー設定はできたにしても、それを実際のサイトに表示させるためにはさらに作業が必要です。そこで必要なのがメニューモジュールの作成になります。そのメニューモジュールとメニュー設定を連携させることで実際のサイトにメニューを表示できます。

このメニュー設定と実際表示させるためのモジュールが分離しているのは重要です。それによってメニュー設定の一元管理が出来、表示と設定をコントロールできます。

まずはモジュールメニューに移動して新規のメニューモジュールを作ってください。

menu008

 下記を選択してモジュールを作りましょう

menu009 

上記でできたメニューモジュールを表示したいモジュールポジションに設定して保存する

menu010

これで新しいメニューが追加されました

menu011